TOPs」カテゴリーアーカイブ

Web Render TOP

概要

Web Render TOPはURLを取得し、Chromium Embedded Frameworkを使用する別のブラウザプロセスを介してWebページをレンダリングし、その結果を共有メモリに戻します。 HTML、HTML5、PDF、SVGなどの非Flashページをレンダリングします。 ターゲットは、インターネット上、またはfile://構文を持つローカルファイル内に存在することができます。
注意:Web Render TOPは、TouchDesigner Educational、TouchDesigner Commercial、およびTouchDesigner ProのWindows OSでのみ使用できます。
これは、Chromium Embedded Frameworksプロジェクト(CEF)で実装されています。
Info CHOPで、ページのロードされた状態、ページがレンダリングされた回数であるnum_handle_updatesを取得します。
Info DATで、共有メモリハンドル、ブラウザプロセスのステータス、process_id、Chromium Embedded Frameworkのバージョン、Chromium chromium、現在表示されているURL、ページタイトル、プロセスのエラー状態を取得します。
Palette:WebBrowser, SVG TOPの章も参照してください。

Syphon Spout Out TOP

概要

Siphon Spout Out TOPは、WindowsまたはSyphonon macOS上のSpoutフレームワークをサポートする他のアプリケーションと入力テクスチャを共有します。 これは共有メモリを使用するため、実行中のコンピュータ上でのみ動作し、ネットワークを介して別のコンピュータにテクスチャを送信しません。 他のコンピュータにテクスチャを送信するには、 Touch In TOP 、Touch Out TOPあるいはNDI In TOP 、NDI Out TOPを参照してください。
テストおよびサンプルアプリケーションについては、http://spout.zeal.co/でSpoutセットアップパッケージをダウンロードする事ができます。 Siphonのシンプルなサーバーセットアップをテスト用にダウンロードできます。
デフォルトでは、Windows上のSpoutはコンピュータ上でアクティブな送信者が10人に制限されています。 この制限は、WindowsレジストリDWORDDWORD:HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Leadinを設定することによって変更できます。
Siphon Spout In TOPも参照してください。

Syphon Spout In TOP

概要

Syphon Spout In TOPはWindowsのSpoutフレームワークやMacOSのSiphonをサポートする他のアプリケーションから共有メモリを介してテクスチャイメージを取得します。 これは共有メモリを使用するため、実行中のコンピュータ上でのみ動作し、ネットワークを介して別のコンピュータにテクスチャを送信しません。 他のコンピュータにテクスチャを送信するには、 Touch In TOP 、Touch Out TOPあるいはNDI In TOP 、NDI Out TOPを参照してください。
テストおよびサンプルアプリケーションについては、http://spout.zeal.co/でSpoutセットアップパッケージをダウンロードする事ができます。 Siphonのシンプルなサーバーセットアップをテスト用にダウンロードできます。
デフォルトでは、Windows上のSpoutはコンピュータ上でアクティブな送信者が10人に制限されています。 この制限は、WindowsレジストリDWORDDWORD:HKEY_CURRENT_USER\\Software\\Leadinを設定することによって変更できます。
Siphon Spout Out TOPも参照してください。

Substance TOP

概要

TouchDesignerとAllegorithmicのSubstance Designerは密接に統合されています。Substance Designerはノードベースの豊富なマテリアルライブラリを持つマテリアル作成パッケージです。 Substance TOPはSubstance DesignerからPBRマテリアルで使用する.sbsarファイルを読み込みます。
Substance TOPはSubstance Designerで保存した.sbsファイルからマテリアルをロードし、自動的に生成されたパラメータを介してTouchDesigner内の全てのマテリアルパラメータにアクセスします。 TouchDesignerでパラメータを調整すると、その場でマテリアルが更新されます。
Substance TOPは、レイヤーごとに1つずつ、複数のイメージを出力します。通常、ベースカラー、ラフネス、メタリックなど5つ以上です。Substance TOPは、すべてのレイヤーを適切なPBRレイヤーに割り当てるPBRマテリアルにドラッグできます。 あるいは、Substance Select TOPは単一のレイヤーを抽出してTOPで画像操作を適用、その結果をPBRレイヤーパラメータの1つに割り当てることができます。

Projection TOP

概要

Projection TOPは、Render TOPで作成したCube Mapをドームに適した魚眼レンズに変換し、uvは球に適した緯度経度である “equirectangular”プロジェクションに変換します。これにより、キューブマップに基づいて優れた品質が得られます。
出力のすべてのピクセルは入力キューブマップから1つのサンプルを取ります。 Resolution TOPのHigh Quality Resizeオプションを使用して、double-resolutionでレンダリングし、希望する解像度に縮小することで、より良いアンチエイリアスを実現できます。

OpenColorIO TOP

概要

OpenColorIO TOPは、OpenColorIOライブラリ(http://opencolorio.org/)を使用して、さまざまな変換やルックアップテーブルをテクスチャや画像に適用します。 変換が適用されるデフォルトの順序は、色空間、ファイル、CDL、出力(表示)です。
この順序は、チェーン内の複数のOpenColorIO TOPを使用して変更することができ、不必要な変換はオフに切り替えられます。

NDI Out TOP

概要

NDI Out TOPは、IPを介して他のNDI(Network Data Interface)対応アプリケーションに画像データを送信します。 NDIはNewtekによって開発されたプロトコルです。
NDI In TOPとNDIの章も参照してください。

NDI In TOP

概要

NDI TOPは、他のNDI(Network Data Interface)対応アプリケーションからIPを介して画像データを取得します。 NDIはNewtekによって開発されたプロトコルです。
NDI Out TOP と NDIの章も参照してください。

Layout TOP

概要

ビルドノート:このオペレータはexperimentalビルド2017.30000以降での対応
Layout TOPは、複数の入力TOPを行、列、グリッドに配置します。すべてのTOPを特定の解像度に縮小して適合させることも、解像度を拡大して、元の解像度ですべての入力TOPを含む境界を作成することもできます。
複数の入力をLayout TOPに接続することも、TOPパラメータで複数のTOPへのパスを指定することもできます。TOPパラメータで指定したTOPは有線入力のTOPより優先して前に表示されます。