Derivative」タグアーカイブ

COMP共通- Panel ページ

パラメータ – Panel ページ

Panelパラメータページでは、表示のオン/オフ、有効のオン/オフ、パネルヘルプ、カーソルとのインタラクションなど、パネルのアトリビュートを制御します。

Display / display

パネルの表示、非表示を指定します。

Enable / enable

このパネルとのやりとりをすべて禁止することができます。

Help DAT / helpdat

コントロールパネルのロールオーバー・ポップアップ・ヘルプとして表示されるテキストDATのパスを設定することができます。

Floating Viewer Aspect / vieweraspect

フローティングビューアのサイズを変更する際に、アスペクト比を比例させるか、制約を受けないようにするかを設定します(ビューアの端をドラッグしてサイズを変更します)。

  • Proportional / proportional
  • Unconstrained / unconstrained
Cursor / cursor

パネル上にカーソルがあるときに表示されるカーソルを変更します。

Multi-Touch / multitouch

有効にすると、このパネルは最初のタッチをマウスクリックの処理と同様に処理し、u、v、stateなどを更新します。タッチイベントは、パネルから開始する必要があります。それ以降のタッチは無視されます。このパネルがMulti Touch In DATを介してマルチタッチイベントを処理する場合は、Built-in Multi-Touchを無効にして、スクリプト処理に支障をきたさないようにするとよいでしょう。

  • Use Parent’s Multi-Touch Settings / mtouchparent
    親のマルチタッチの設定を使用します。これは、ルートコンポーネントではデフォルトで有効になっています。
  • Use Built-in Multi-Touch / mtouchyes
    ファーストタッチをマウスとして使えるようにします。
  • Do Not Use Built-in Multi-Touch / mtouchno
    ファーストタッチをマウスとして使用しないようにします。
Constrain Cursor / constraincursor

カーソルをこのパネルに拘束し、一度入ったカーソルを内側に保持します。

Click Through / clickthrough

この機能を有効にすると、すべてのマウスクリックがこのPanelコンポーネントによって無視されます。

Use Mouse Wheel / mousewheel

パネルの上でマウスホイールを使用したときのイベントをキャプチャする場合はオンにします。

Mouse UV Buttons / uvbuttons

uvパネルの値を更新するマウスボタンを設定します。

  • Left / uvbuttonsleft
  • Middle / uvbuttonsmiddle
  • Right / uvbuttonsright
Relative UV / mouserel

有効にすると、uvパネル値にマウスの相対的な動きが反映されます。

Drag Edges to Resize / resize

4つのチェックボックスは対応するエッジやコーナーを掴んでパネルのサイズ変更を有効にすることができます。左、右、下、上にリサイズします。

  • L / resizel
  • R / resizer
  • B / resizeb
  • T / resizet
W Range / resizew

左右(幅)のリサイズ範囲を制限します。

  • resizewmin
  • resizewmax
H Range / resizeh

ボトム・トップ(高さ)のリサイズ範囲を制限します。

  • resizehmin
  • resizehmax
Drag to Reposition / reposition

マウスでドラッグすることで、パネルやウィンドウの位置を変更することができます。

  • Off / off
  • Window / window
  • Component / component
Component / repocomp

RepositionパラメータでComponentオプションを選択すると有効になります。マウスで再配置したいパネルコンポーネントのパスを設定します。

X Range / repositionx

RepositionパラメータでComponentオプションを選択すると有効になります。パネルコンポーネントを水平方向に再配置する際の最大範囲を設定します。

  • repositionxmin
  • repositionxmax
Y Range / repositiony

RepositionパラメータでComponentオプションを選択すると有効になります。パネルコンポーネントを垂直方向に再配置する際の最大範囲を設定します。

  • repositionymin
  • repositionymax
Anchor Drag / anchordrag

Drag To RepositionパラメータがComponentに設定されており、パネルのHorizontal ModeまたはVertical ModeがAnchorsに設定されている場合、このメニューではドラッグによる再配置操作でAnchorの値を変更するかOffsetの値を変更するかを設定します。

  • Anchors / anchors
    ドラッグして位置を変えることで、アンカーのパラメータ値を変更することができます。
  • Offsets / offsets

Drag-to-reposition actions change Offset parameter values
ドラッグして位置を変えることで、オフセットのパラメータ値を変更することができます。

Scroll Overlay / scrolloverlay

パネルがスクロールバーの位置の影響を受けるかどうか設定します。これにより、パネルのスクロールバーの影響を受けないパネルオーバーレイを作成することができます。

  • Off / off
    スクロールバーはパネルに正常に作用します。
  • Ignore / ignore
    スクロールバーを動かしてもパネルが動きません。パネルの奥行きは通常、Depth Layerパラメータで決定されます。
  • Ignore and Draw Over / ignoreover
    スクロールバーを動かしてもパネルが動きません。パネルはスクロールバーや兄弟パネルの上に描画されます。

COMP共通- Look ページ

パラメータ – Look ページ

Color パラメータページでは、パネルの背景色、ボーダー色、無効色を設定します。

Background Color / bgcolor

背景のRGB値を設定します。(デフォルト:黒(0,0,0))

  • Red / bgcolorr
  • Green / bgcolorg
  • Blue / bgcolorb
Background Alpha / bgalpha

背景のアルファ値を設定します。

Background TOP / top

パネルの背景にTOPを指定することができます。

TOP Fill / topfill

Background TOPがパネルの背景をどのように埋めるかを設定します。

  • Stretch / off
  • Fill Width / horizontal
  • Fill Height / vertical
  • Fill Best / best
  • Native Resolution / native
Border A / bordera

ボーダーAの色のRGB値を設定します。

  • Red / borderar
  • Green / borderag
  • Blue / borderab
Border A Alpha / borderaalpha

ボーダーAの色のアルファ値を設定します。

Border B / borderb

ボーダーBの色のRGBAの値を設定します。

  • Red / borderbr
  • Green / borderbg
  • Blue / borderbb
Border B Alpha / borderbalpha

ボーダーBの色のアルファ値を設定します。

Left Border / leftborder

左端の2ピクセルの色を設定します。オプションは、0(変更なし)、Border A(Border Aで定義された色を使用)、Border B(Border Bで定義された色を使用)です。

Left Border Inside / leftborderi

上のパラメータと同じですが、インサイドボーダーに使用されます。

Right Border / rightborder

右端の2ピクセルの色を設定します。オプションは、0(変更なし)、Border A(Border Aで定義された色を使用)、Border B(Border Bで定義された色を使用)です。

Right Border Inside / rightborderi

上のパラメータと同じですが、インサイドボーダーに使用されます。

Bottom Border / bottomborder

最下部の2ピクセルの色を設定します。オプションは、0(変更なし)、Border A(Border Aで定義された色を使用)、Border B(Border Bで定義された色を使用)です。

Bottom Border Inside / bottomborderi

上のパラメータと同じですが、インサイドボーダーに使用されます。

Top Border / topborder

最上部の2ピクセルの色を設定します。オプションは、0(変更なし)、Border A(Border Aで定義された色を使用)、Border B(Border Bで定義された色を使用)です。

Top Border Inside / topborderi

上のパラメータと同じですが、インサイドボーダーに使用されます。

Border Over Children / borderover

パネルの境界線を、すべての子パネルの上に描画します。

Disable Color / dodisablecolor

パネルのEnable = Offのときに、以下のディセーブルカラーを有効にします。

Disable Color / disablecolor

ディセーブルカラーのRGB値を設定します。(デフォルト:ブラック(0,0,0))。

  • Red / disablecolorr
  • Green / disablecolorg
  • Blue / disablecolorb
Disable Alpha / disablealpha

ディセーブルカラーのアルファ値を設定します。

Multiply RGB by Alpha / multrgb

RGBチャンネルにアルファチャンネルを乗算します。

Composite / composite

パネルが兄弟パネルとどのように合成されるかを選択します。様々な合成方法の説明は、Composite TOP の章を参照してください。

  • Over / over
  • Under / under
  • Inside / inside
  • Outside / outside
  • Add / add
  • Subtract / subtract
  • Multiply / multiply
Opacity / opacity

パネルの透明度を調整することができます。

COMP共通- Layout ページ

パラメータ – Layout ページ

Layout パラメータページでは、パネルのサイズと位置を設定します。

X / x

親を基準とした水平方向の位置をピクセル単位で設定します。

Y / y

親を基準とした垂直方向の位置をピクセル単位で設定します。

Width / w

パネルの幅をピクセル単位で設定します。

Height / h

パネルの高さをピクセル単位で設定します。

Fixed Aspect / fixedaspect

下記のAspect Ratioパラメータで設定した特定のアスペクトを持つパネルを簡単に作成できます。パネルの幅または高さを設定するだけで、その他の寸法はAspect Ratioパラメータに基づいて計算されます。

  • Off / off
  • Use Horizontal / horizontal
  • Use Vertical / vertical
Aspect Ratio / aspect

Fixed Aspect パラメータを使用した場合、比率は幅/高さとなります。

Depth Layer / layer

パネル構成要素の描画順序を設定します。Photoshopのレイヤーに似ています。高い値を持つパネルは、低い値を持つ他のパネル(同じ階層レベルのもの)の上に描画されます。2つのパネルコンポーネントのDepth Layerの値が同じ場合は、オペレータの名前に基づいて順序付けられます。

Horizontal Mode / hmode

パネルの横幅を3つのモードから設定します。

  • Fixed Width / fixed
    上記のWidthパラメータを使用して、このパネルの幅をピクセル単位で設定します。
  • Fill / fill
    このパネルの幅は、親パネルの幅と一致(フィル)します。
  • Anchors / anchors
    このパネルの幅は、以下のLeft AnchorおよびRight Anchorパラメータで設定され、親パネルのサイズが変更されても、親パネルとの相対的な幅が維持されます。これにより、伸縮性のあるパネルを作ることができます。これらのアンカーパラメータは、uv座標のように0-1で正規化されており、0が親パネルの左端、1が右端になります。例えば、Left Anchor = 0.2、Right Anchor = 0.8とすると、左端が左から20%(0.2)、右端が右から20%(0.8)となるように、親パネルに比例した幅が維持されます。
Left Anchor / leftanchor

親を基準としたパネルの左アンカの位置。この値は0-1で正規化されており、0が親の左端、1が親の右端となります。

Left Offset / leftoffset

左アンカーのオフセットをピクセル単位で指定します。

Right Anchor / rightanchor

親を基準としたパネルの右アンカの位置。この値は0-1で正規化されており、0が親の左端、1が親の右端となります。

Right Offset / rightoffset

右アンカーのオフセットをピクセル単位で指定します。

Horizontal Origin / horigin

パネルの原点の位置を水平方向に設定します。デフォルトの原点(0,0)はパネルの左下隅です。

Horizontal Fill Weight / hfillweight

複数のパネルがHorizontal Mode = Fillを使用しており、親パネルによって左から右または右から左に整列されている場合、このFill Weightパラメータを使用してパネルの塗りつぶし幅を偏らせることができます。

Vertical Mode / vmode

パネルの垂直方向の高さを3つのモードから設定します。

  • Fixed Height / fixed
    上記のHeightパラメータを使用して、このパネルの高さをピクセル単位で設定します。
  • Fill / fill
    このパネルの高さは、親パネルの高さと一致(フィル)します。
  • Anchors / anchors
    このパネルの高さは、以下のBottom AnchorとTop Anchorのパラメータで設定され、親パネルのサイズが変わっても、親パネルとの相対的な高さと比例関係を維持します。これにより、伸縮性のあるパネルを作ることができます。これらのアンカーパラメータは、uv座標のように0-1で正規化されており、0が親パネルの下端、1が上端になります。例えば、Bottom Anchor = 0.3、Right Anchor = 0.5とすると、下端が下から30%(0.3)、上端が上から50%(0.5)下になるように、親パネルに比例した高さを維持します。
Bottom Anchor / bottomanchor

親を基準としたパネルの下側のアンカーの位置。この値は0-1で正規化されており、0は親の下端、1は親の上端となります。

Bottom Offset / bottomoffset

下部アンカーのオフセットをピクセル単位で設定します。

Top Anchor / topanchor

親を基準とした、パネルのトップアンカーの位置。この値は0-1で正規化されており、0は親の下端、1は親の上端となります。

Top Offset / topoffset

トップアンカーのオフセットをピクセル単位で設定します。

Vertical Origin / vorigin

パネルの原点の位置を垂直方向に設定します。デフォルトの原点(0,0)はパネルの左下隅です。

Vertical Fill Weight / vfillweight

複数のパネルがVertical Mode = Fillを使用しており、親パネルがTop to BottomまたはBottom to Topで整列している場合、このFill Weightパラメータを使用してパネルの塗りつぶし高さを偏らせることができます。

Parent Alignment / alignallow

Ignore に設定すると、パネルは親の Align パラメータの設定を無視します。

  • Allow /allow
    親の設定に基づいてパネルを配置します。
  • Ignore / ignore
    パネルを整列させず、余白を確保します。
  • Ignore and Ignore Margins / ignoremargin
    パネルの位置を調整せず、余白を無視して表示します。
Align Order / alignorder

このパラメータでは、親のAlign パラメータが None または Match Network Nodes 以外に設定されている場合に、整列位置を設定することができます。小さい数字が優先されます。

Post Offset / postoffset

他のすべてのポジションや配列オプションがパネルに適用された後に、オフセットを追加します。

  • X / postoffsetx
  • Y / postoffsety
Size from Window / sizefromwindow

この機能を有効にすると、パネルコンポーネントの幅と高さは、フローティングビューアウィンドウのサイズを変更することで設定されます。

COMP共通- Instance ページ

パラメータ – Instance ページ

Instance パラメータページは、ジオメトリのハードウェアインスタンスを作成する機能を提供します。各インスタンスはユニフォーム値でMATシェーダに渡すことができるインスタンスIDを持ちます。インスタンス ID は Render Pick CHOP で取得することができます。バーテックスシェーダ内の任意のコードは、インスタンスIDに基づいてインスタンスをカスタマイズできます。
インスタンスのアトリビュートは、任意のタイプのOPからのデータによって個別に駆動することができます。インスタンスデータが TOP から提供された場合には TOP の RGBA チャンネルが、CHOP から提供された場合には CHOP のチャンネルが、SOP から提供された場合には SOP のアトリビュートが、DAT から提供された場合にはカラムがインスタンスのアトリビュートに割り当てられます。オペレータのデータをインスタンスのアトリビュートにマッピングするには、以下のパラメータと、Instance 2およびInstance 3のパラメータページで設定します。

Instancing / instancing

Geometry コンポーネントのインスタンス化をオンにします。

Instance Count Mode / instancecountmode

いくつのインスタンスを作成するか2つのモードから選択します。

  • Manual / manual
    Num Instancesパラメータを使用してインスタンスの数を設定します。
  • Instance OP(s) Length / oplength
    インスタンスCHOP/DATのCHOPサンプル/DATの行数でインスタンスの数が設定します。
Num Instances / numinstances

Instance CountのManualモードを使用している場合は、このパラメータでインスタンス数を設定します。

Default Instance OP / instanceop

インスタンスの変換に使用するCHOPまたはDATへのパスを指定します。このCHOPまたはDATのサンプル数/行数は、Instance CountにCHOP Length/DAT Num Rowsモードを使用する場合、インスタンス数を設定します。

First Row is / instancefirstrow

DAT行をInstance Countに使用する場合、テーブルDATの1行目をどうするか設定します。

  • Ignored / ignored
    最初の行は無視され、その値はインスタンスの一部として使用されません。インスタンスのアトリビュートに使用する列の選択にはインデックスを使用する必要があります。
  • Names / names
    1行目にはテーブルから使用する列を選択するための列名が含まれています。
  • Values / values
    最初の行には、最初のインスタンスの値が含まれているとみなされます。インスタンスのアトリビュートに使用する列の選択には、インデックスを使用する必要があります。
Transform Order / instxord

各インスタンスに適用されるトランスフォーム操作の順序を制御します。詳細については、Xform ページを参照してください。

  • Scale Rotate Translate / srt
  • Scale Translate Rotate / str
  • Rotate Scale Translate / rst
  • Rotate Translate Scale / rts
  • Translate Scale Rotate / tsr
  • Translate Rotate Scale / trs
Rotate Order / instrord

このオプションをクリックすると表示される回転行列で、コンポーネントの回転のトランスフォーム順序を設定できます。上記のトランスフォーム順序と同様に、コンポーネントの回転順序を変更すると、コンポーネントの最終的な位置が変わります。

  • Rx Ry Rz / xyz
  • Rx Rz Ry / xzy
  • Ry Rx Rz / yxz
  • Ry Rz Rx / yzx
  • Rz Rx Ry / zxy
  • Rz Ry Rx / zyx
Translate OP / instancetop

以下のTranslateインスタンスアトリビュートについて、データを取得する特定のオペレーターを選択します。指定しない場合は、Instance ページの Default Instance OP で指定したオペレーターが使用できます。

Active / instanceactive

どのインスタンスをレンダリングするか制御するために使用するデータチャンネルを選択します。このチャンネルの値がゼロでないインスタンスのみがレンダリングされ、アクティブなチャンネルの値がゼロのインスタンスはスキップされます。このチャンネルにデータが割り当てられていない場合は、すべてのインスタンスがレンダリングされます。右側のドロップダウンメニューを使って、利用可能なオプションを簡単に選択できます。

Translate X / instancetx

インスタンスの配置に使用するデータは、右のドロップダウンメニューで簡単に選択できます。

Translate Y / instancety

インスタンスの配置に使用するデータは、右のドロップダウンメニューで簡単に選択できます。

Translate Z / instancetz

インスタンスの配置に使用するデータは、右のドロップダウンメニューで簡単に選択できます。

Rotate OP / instancerop

Rotateインスタンスアトリビュートのデータを取得する特定のオペレータを以下から選択します。指定しない場合は、Instance ページの Default Instance OP で指定されたオペレーターが使用できます。

Rotate X / instancerx

インスタンスの回転に使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して簡単に選択することができます。

Rotate Y / instancery

インスタンスの回転に使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して簡単に選択することができます。

Rotate Z / instancerz

インスタンスの回転に使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して簡単に選択することができます。

Scale OP / instancesop

以下のScaleインスタンスアトリビュートについて、データを取得するオペレータを選択します。指定しない場合は、Instance ページの Default Instance OP で指定されたオペレータが使用できます。

Scale X / instancesx

インスタンスのスケーリングに使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して、利用可能なオプションから簡単に選択できます。

Scale Y / instancesy

インスタンスのスケーリングに使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して、利用可能なオプションから簡単に選択できます。

Scale Z / instancesz

インスタンスのスケーリングに使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して、利用可能なオプションから簡単に選択できます。

Pivot OP / instancepop

以下のPivot インスタンスアトリビュートについて、データを取得する特定のオペレータを選択します。指定しない場合は、Instance ページの Default Instance OP で指定されたオペレータが使用できます。

Pivot X / instancepx

インスタンスのピボットに使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して、利用可能なオプションから簡単に選択できます。

Pivot Y / instancepy

インスタンスのピボットに使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して、利用可能なオプションから簡単に選択できます。

Pivot Z / instancepz

インスタンスのピボットに使用するデータを選択するには、右のドロップダウンメニューを使用して、利用可能なオプションから簡単に選択できます。

共通 Commonページ

概要

Common ページは全てのDATオペレータにあります。

パラメータ – Common ページ
Language / language

DATがどのスクリプト言語で操作するか決定する方法を選択します。

  • Input / input
    DATは入力されたスクリプト言語を使用します。
  • Node / node
    DATは自身のノードで設定されたスクリプト言語を使用しています。
Edit/View Extension / extension

このDATが外部エディタに公開するファイル拡張子を設定します。

  • dat / dat
    様々な一般的なファイル拡張子。
  • From Language / language
    DATスクリプト言語から拡張子をピックします。
  • Custom Extension / custom
    カスタム拡張子を指定します。
Custom Extension / customext

カスタム拡張子を指定します。

Word Wrap / wordwrap

ノード表示のワードラップを有効にします。

  • Input / input
    入力の設定を使用します。
  • On / on
    Word Wrapをオンにします。
  • Off / off
    Word Wrapをオフにします。

Parameter Execute DAT

概要

Parameter Execute DATは任意のオペレータのパラメータの状態が変化したときにスクリプトを実行します。パラメータの値、式、エクスポート、有効化の状態が変化した場合です。
パラメータ Execute DAT は、デフォルトの python メソッドのプレースホルダを使用して作成されます。他の実行DATとは異なり、Parameter Execute DATは、再帰的な更新の問題を避けるために、監視しているノードをcookしません。

パラメータ – Parameter Execute ページ
Active / active

onにしている間、DAT は参照されているパラメータに応答します。

Execute from / executeloc

(Tscript のみ) スクリプトが実行される場所を設定します。

  • Current Node / current
    (Tscript のみ) スクリプトは現在のノードの位置から実行されます。
  • This Node / here
    スクリプトはDATの親から実行されます。DATの兄弟がアクセスしやすいように、DATは親から実行します。DATの内部から実行するために使用されるDATスクリプト。
  • Specified Operator / op
    スクリプトは、以下のFrom Operatorパラメータで設定したオペレータから実行されます。
From Operator / fromop

Execute FromパラメーターがSpecified Operatorに設定されている場合に、スクリプトが実行されるパスを設定します。

OP / op

トリガパラメータがどのパラメータに属するかを設定します。

Parameters / pars

スクリプトをトリガーするために監視するパラメータを設定します。

Value Change / valuechange

onValueChange()メソッドは、指定されたパラメータの値が何らかの形で変化した場合に実行されます。このメソッドはフレームごとに一度だけ呼び出されます。

On Pulse / onpulse

onPulse()メソッドは、pulse 型のパラメータをクリックするか、Par.pulse()メソッドを経由してパルスになったときに実行されます。

Expression Change / expressionchange

onExpressionChange()メソッドは、指定したパラメータの式が変更されるたびに実行されます。例えば、式を me.time.frame から me.time.seconds に変更するとスクリプトが起動します。

Export Change / exportchange

onExportChange() メソッドは、指定したパラメータのエクスポート先が変更された場合に実行されます。例えば、/chopname/chan1 からエクスポートされていたパラメータが変更され、/chopname2/chan2 にエクスポートされるようになった場合、スクリプトが起動します。

Enable Change / enablechange

onEnableChange() メソッドは、指定されたパラメータが無効から有効になった場合に実行されます。

Mode Change / modechange

onModeChange() メソッドは、指定されたパラメータが無効から有効になった場合に実行されます。

Custom / custom

カスタムパラメータを監視します。

Built-In / builtin

ビルトインパラメータを監視します。

Edit.. / edit

これをクリックすると、DAT内のテキストを編集するためのテキストエディタが開きます。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

Parameter DAT

概要

Parameter DATは、任意のOPタイプからカスタム・パラメータを含むオペレータのパラメータ名と値の表を出力します。
事前に評価された式、Parameter Mode、パラメータを定義するすべての属性(type、label、ranges、menu items、limitsなど)を最大24列の情報として出力することができます。

パラメータ – Parameter ページ
Operators / ops

チャネルを取得する場所を設定します。オペレータ名またはパスを複数設定できます。例としては、以下のようなものがあります。wave1、slider*、constant[1-9] constant[10-19:2]、…/base1 または、メニューを使ってオペレータを選択します。

Parameters / parameters

オペレータから取得したいパラメータ名のリストを設定します。(ワイルドカードを含むことができます) 1つ以上のパラメータ、またはすべてのパラメータに対して*を指定します。また、”NOT “を指定して “NOT “を選択することもできます。または、メニューを使用してパラメータを選択します。Pattern Matching の章を参照してください。

Include Op Name / includeopname

テーブル内の各パラメータ名の先頭にOP名を追加します。

Rename from / renamefrom

Pattern Matching の章を参照してください。

Rename to / renameto

Pattern Expansion の章を参照してください。

Custom / custom

オペレータのカスタムパラメータを出力します。

Built-In / builtin

オペレータの組み込みパラメータを出力します。

パラメータ – Output ページ

パラメータとその値に関する情報を表示するかどうかを切り替えます。

Header / header

カラムヘッダを出力します。

Name / name

パラメータ名を出力します。

Value / value

評価されたパラメータの値を出力します。

Eval / eval

評価されたパラメータの値を python オブジェクトとして出力します。

Constant / constant

パラメータの現在の定数値を出力します。

Expression / expression

パラメータの現在のpython式を出力します。

Export / export

パラメータのエクスポートパスを出力します。

Mode / mode

パラメータの現在のモード(定数、式、またはエクスポート)を出力します。

Style / style

パラメータの形式を出力します(例:float パラメータの場合は Float、メニューパラメータの場合は Menu など)。

Tuplet Name / tupletname

パラメータが属するタプレットの名前を出力します。例えば、Geometry COMPのtxは’t’タプレットの一部です。

Size / size

タプレットのサイズを出力する。例えば、Geometry COMPのtxは3つのパラメータを持つ’t’タプレットの一部なので、タプレットのサイズは3になります。

Path / path

ノードへのパスを出力します。

Menu Index / menuindex

パラメータがメニューの場合は、メニューの選択されたインデックスを出力します。

パラメータ – Define ページ

パラメータを定義する情報をトグルします。

Min/Max / minmax

パラメータの最小値と最大値を出力します。これらの値は、valueパラメータが範囲内になるようにクランプします。clampminが0の場合、最小値はクランプされず、行/列のエントリは0になります。 clampmaxが0の場合、最大値はクランプされず、行/列のエントリは1になります。

Clamp Min/Max / clampminmax

パラメータがクランプされたminまたはクランプされたmaxを持つかどうかを出力します。trueの場合、値はmin/max列で定義されます。

Norm Min/Max / normminmax

インターフェースのパラメータの最小値と最大値を出力します。(スライダーの最小値と最大値など)

Default / default

パラメータのデフォルト値を出力します。

Enabled / enabled

パラメータが現在有効かどうかを出力します。

Read Only / readonly

パラメータが現在読み取り専用であるかどうかを出力します。

Section / section

パラメータの上にセクションディバイダ/セパレータ(線)があるかどうかを出力します。

Menu Names / menunames

任意のメニューパラメータのメニュー名のリストを出力します。

Menu Labels / menulabels

任意のメニューパラメータのメニューラベルのリストを出力します。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

NDI DAT

概要

NDI DATはテーブルにリストされ、ネットワーク上のすべてのNDIソースとストリームを監視します。コールバックは、ソースが追加/削除/変更されたとき、およびストリームが開始/停止したときにアクションをトリガするために提供されています。
NDI、NDI In TOP および NDI Out TOP の章を参照してください。

パラメータ – Monitors ページ
Callbacks DAT / callbacks

NDIソースおよびストリームに関連するイベントのスクリプトコールバックを設定します。

Extra Search IPs / extraips

デフォルトでは、NDIはmDNSを使用して検索します。これは通常、ネットワークの検索に限定されています。 mDNSで到達できないマシンで利用可能なソースを見つけるために、このパラメーターに1つ以上のIPアドレスのスペースで区切られたリストを入力できます。

Persistence (ms) / persistence

永続性は、ソースが消えた後でもDATのエントリが存在し続ける時間に影響します。 これにより、ソースが少しの間消えてから、リストから削除されることなく再表示されます。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

Lookup DAT

概要

Lookup DAT はルックアップテーブルを基に値を出力します。1番目の入力は、2番目の入力へのインデックスです。
Lookup DATを使用すると、行/列のインデックスまたは行/列の名前を介してデータを参照することにより、2番目の入力から行を選択できます。 Lookup DATの利点は、データが選択される順序がルックアップテーブルの順序から独立していることです。インデックステーブルが順序を決定するため、データの並べ替えと行/列の複数回の選択が可能になります。

パラメータ – Lookup ページ
Index / index

インデックス値の解釈方法を選択します。列に含まれる、または行に含まれる値/インデックスとして。

  • Row Indices / rowindices
    Lookup DATで選択された行は、インデックス入力で数値インデックスとして表されます。
  • Col Indices / colindices
    Lookup DATで選択された列は、インデックス入力で数値インデックスとして表されます。
  • Row Values / rowvalues
    Lookup DATで選択された行は、インデックス入力の値として表されます。 デフォルトでは、最初の列がインデックスの照合に使用されますが、これは Value Location で Name または Index パラメータを設定することで変更できます。
  • Col Values / colvalues
    Lookup DATで選択された列は、インデックス入力の値として表されます。 デフォルトでは、最初の行がインデックスの照合に使用されますが、これは Value Location で Name または Index パラメータを設定することで変更できます。
Value Location / valueloction

Index パラメータで Row Values または Col Values が選択されている場合、このパラメータを使用すると、インデックス値が検索されるルックアップ行または列を指定する方法を選択できます。

  • Name / name
    ルックアップの行または列は名前で指定されます。
  • Index / index
    ルックアップの行または列はインデックスで指定されます。
Value Name / valuename

ルックアップの行または列の名前を設定します。

Value Index / valueindex

ルックアップの行または列のインデックスを設定します。

Include Header / includeheader

最初の行または列を含めます。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

JSON DAT

概要

JSON DATは、JSONPath構文を使用してJSONテキストを変換およびフィルタリングし、フィルタリングされた結果を出力します。 これにより、JSONを解析および操作するためのスクリプトをコーディングする必要がなくなり、データフローの手続き型が維持されます。
JSONテキストを入力として想定し、入力を DAT.source メンバーのPythonオブジェクトに変換します。
次に、JSONPath Filterパラメーターを使用してJSONをフィルター処理し、結果のデータをDATからJSONテキストとして出力します。
また、フィルタリングされた結果を DAT.results(Pythonの結果リスト)および DAT.result(最初の結果)として配置します。
DAT.source , DAT.result, DAT.results に対して式をテストするには、OutputメニューをExpressionに設定し、`me.result[‘city’]` のような式を使用します。この式はDATから評価された式を出力するもので、その式を `op(‘json1’).result[‘city’]` として他の場所で使うことができます。DAT.expr は JSON DAT のメンバでもあり、例えば op(‘json1’).expr のようになります。
JSONPathの章やOP Snippetsを参照してください。

パラメータ – JSON ページ
Filter / filter

入力JSONをフィルタリングするために使用する、JSONPath構文に従ったフィルタ文字列を設定します。

Output / output

JSON DATの出力を設定します。

  • Filter Result / filterresult
    JSONテキスト入力にフィルターを適用して返される出力リスト。
  • Expression / expression
    カスタム式を出力します。
Expression / expression

出力するカスタム式 を設定します。

Format Output / formatoutput

この機能を有効にすると、DATの出力はインデントと改行でフォーマットされます。

Hold Last Non-Empty Results / holdlast

有効にすると、結果が空になった場合に最新の結果が保持され、事実上、空でない新しい結果のみが出力を更新します。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ