Derivative」タグアーカイブ

Splice CHOP

概要

Splice CHOPは、第2入力に接続されたCHOPチャンネルを第1入力のチャンネルに挿入します。 開始サンプルとサンプルを削除する箇所の長さを指定します。
次に、第2入力から挿入されたデータは、様々な方法で引き伸ばされ、切り取られたチャンネルに継ぎ合わされるます。
チャンネル番号またはチャンネル名で一致させることができます。 一致しないチャンネルは、ギャップ内のサンプルを3つの選択可能な方法のいずれかで補間します。
CHOPからサンプルを抽出し、元のインデックスで置き換え、Splice CHOPをオリジナルに接続し、必要に応じてStartとTrim Lengthを設定して、Output Trimmed Sectionをオンにし、結果を修正してから、 別のSplice CHOPへの入力、元のCHOPからの最初の入力、および開始をop( ‘splice1’)に設定します。par.startとTrim Lengthをop( ‘start1’).par.trimlengthに設定します。
Splice CHOPはは、CHOPのセクションを滑らかにすることもできます。開始とトリムの長さをそのセクションに設定します。 一致するチャンネルのない2番目の入力を与えます。 Insert MethodをTrim Lengthに設定し、Insert Interpolateメニューを調整します。
その他のテクニックについては、OP Snippetsを確認してください。
Delete CHOP, Trim CHOP, Select CHOPの各章も参照してください。

Helios DAC CHOP

概要

Helios DACはレーザーコントローラです。 Helios DAC CHOPは、入力として、最初の2チャンネルのXとY(水平と垂直)位置の値と、次の3チャンネルの赤、緑、青の色の値として解釈される5つのチャンネルを取り込みます。 データをHelios DACに出力します。 Helios DACデバイスは、ILDAケーブルを使用してレーザーに接続されています。 ユーザーは、レーザーがHelios DAC CHOPを使用して出力すべき画像を制御することができます。 Helios DAC CHOPのアプリケーションには、コンピュータで生成されたシェイプアニメーションやその他のライトショーの特殊効果を表示する機能があります。
入力RGB CHOPチャンネルがすべてゼロであるか、赤スケール、緑スケールおよび青スケールパラメータがすべてゼロである場合、ブランキング(オールオフ)が発生します。
レーザーは一般的に迅速にオン/オフを切り替えるため、サンプルごとのRGB値の大きな変化は目に見えるほど正確です。XとYの範囲は通常-1〜+1で、RGBの範囲は通常0〜1です。
EtherDream CHOP、 EtherDream DAT、Scan CHOP、 Pattern CHOPの各章も参照してください。

BlackTrax CHOP

概要

BlackTrax CHOPは、BlackTraxモーショントラッキングシステムからのトラッキングデータを受け入れます。
サーバー設定
サーバーソフトウェアは、WYSIWYG座標系でデータを送信するように設定する必要があります(デフォルトにする必要があります)。 回転はクォータニオンではなくオイラー角で送信する必要があります。 TouchDesignerは両方のエンディアン設定をサポートする必要がありますが、それらをデフォルト値のままにすることをお勧めします。

Ableton Link CHOP

概要

Ableton Link CHOPは、Ableton Link対応ネットワークからタイミング情報を取得します。 詳細については、http://www.ableton.com/en/link/を参照してください。
Ableton Liveシステムを完全にサポートしているのは、TDAbletonコンポーネントです。これはAbletonの曲、トラック、チェーン、パラメーター、MIDIへのアクセスを提供するコンポーネントです。
AbletonのリンクFAQは、Abletonでの問題に非常に役立ちます:https://help.ableton.com/hc/en-us/articles/209776125-Link-FAQs。
一般的な問題の1つは、Ableton LinkがDirectXを含むすべてのサウンドドライバで動作しないことです。 無料のアプリケーションASIO4Allは、仮想ASIOデバイスとして機能する簡単な代替案です。

Parameter COMP

概要

Parameter Componentを使用すると、オペレータのパラメータダイアログを対話型パネルにすることができます。 パネルに表示するオペレータのパラメータを指定します。
必要に応じてヘッダーとページ名を表示し、組み込みパラメータまたはカスタムパラメータを含めることもできます。
ページの範囲と個々のパラメータを指定することができます。たとえば、ページ全体を2つ、他のページに4つのパラメータを指定できます。 パラメータのみを指定する場合、パラメータの順序は指定した順序になります。
また、Oversizeパラメータを使用して、より小さなパネルに収まるようにUIを縮小することもできます。
パターンマッチング(scale * ^ txなど)を使用してページ名またはパラメータ名を指定することができます。ページ名には引用符で囲まれたスペースが含まれます。 ‘Cue 1’ ‘Cue 2’、またはPythonリストとして指定します。

Graph COMP

概要

Graph Componentは、アニメーションエディタで、キーフレームを描画および編集するためのユーザーインターフェイスとして使用されます。
パネル値は、hrangemin hrangemax vrangemin vrangemax nameselect valueselect valueselect slopeselect accelselect functionselect lextendselect rextendselect timebarselectを含みます。
Graph Componentは、TouchDesignerユーザーが使用するようには設計されていませんが、適切なAnimation COMPに関連付ければ、特別なキーフレーム編集インターフェイスの作成に使用できます。

Environment Light COMP

概要

Environment Light Componentは、シーンの環境光の色と強度を制御します。 このライトはLight Componentとは異なり、位置情報がありません。 シーン内のすべてのオブジェクトの外側から来て、それらを照らします。 オブジェクトの向きと環境ライトマップは、オブジェクトの各サイドの点灯方法に影響します。 しかし、空間上のオブジェクトの位置は、環境ライトがどのようにそれらに当たるかに影響を与えません。

MQTT Client DAT

概要

MQTT Client DATは、MQTTサーバー(ブローカー)を介してMQTT装置との間でデータを送受信します。 TouchDesignerはクライアントとして動作し、別のコンピュータはMQTTサーバーとして動作する必要があります。 クライアントがサーバーとの接続を確立すると、次の2つのことができます。
1.サーバーにメッセージを送信して、特定の「トピック」文字列を持つデータに注目します。 これは「subscribing」と呼ばれます。 次にMQTT Client DATは、サーバーがそのトピックを取得するすべてのメッセージを受け取ります。
2.特定のトピック文字列でサーバーにメッセージを送信し、そのトピックのメッセージを送信することをサーバーに通知します。 その後、メッセージはそのトピックを注目したクライアントに転送されます。