投稿者「ted_kanakubo」のアーカイブ

共通 Commonページ

概要

Common ページは全てのDATオペレータにあります。

パラメータ – Common ページ
Language / language

DATがどのスクリプト言語で操作するか決定する方法を選択します。

  • Input / input
    DATは入力されたスクリプト言語を使用します。
  • Node / node
    DATは自身のノードで設定されたスクリプト言語を使用しています。
Edit/View Extension / extension

このDATが外部エディタに公開するファイル拡張子を設定します。

  • dat / dat
    様々な一般的なファイル拡張子。
  • From Language / language
    DATスクリプト言語から拡張子をピックします。
  • Custom Extension / custom
    カスタム拡張子を指定します。
Custom Extension / customext

カスタム拡張子を指定します。

Word Wrap / wordwrap

ノード表示のワードラップを有効にします。

  • Input / input
    入力の設定を使用します。
  • On / on
    Word Wrapをオンにします。
  • Off / off
    Word Wrapをオフにします。

Parameter Execute DAT

概要

Parameter Execute DATは任意のオペレータのパラメータの状態が変化したときにスクリプトを実行します。パラメータの値、式、エクスポート、有効化の状態が変化した場合です。
パラメータ Execute DAT は、デフォルトの python メソッドのプレースホルダを使用して作成されます。他の実行DATとは異なり、Parameter Execute DATは、再帰的な更新の問題を避けるために、監視しているノードをcookしません。

パラメータ – Parameter Execute ページ
Active / active

onにしている間、DAT は参照されているパラメータに応答します。

Execute from / executeloc

(Tscript のみ) スクリプトが実行される場所を設定します。

  • Current Node / current
    (Tscript のみ) スクリプトは現在のノードの位置から実行されます。
  • This Node / here
    スクリプトはDATの親から実行されます。DATの兄弟がアクセスしやすいように、DATは親から実行します。DATの内部から実行するために使用されるDATスクリプト。
  • Specified Operator / op
    スクリプトは、以下のFrom Operatorパラメータで設定したオペレータから実行されます。
From Operator / fromop

Execute FromパラメーターがSpecified Operatorに設定されている場合に、スクリプトが実行されるパスを設定します。

OP / op

トリガパラメータがどのパラメータに属するかを設定します。

Parameters / pars

スクリプトをトリガーするために監視するパラメータを設定します。

Value Change / valuechange

onValueChange()メソッドは、指定されたパラメータの値が何らかの形で変化した場合に実行されます。このメソッドはフレームごとに一度だけ呼び出されます。

On Pulse / onpulse

onPulse()メソッドは、pulse 型のパラメータをクリックするか、Par.pulse()メソッドを経由してパルスになったときに実行されます。

Expression Change / expressionchange

onExpressionChange()メソッドは、指定したパラメータの式が変更されるたびに実行されます。例えば、式を me.time.frame から me.time.seconds に変更するとスクリプトが起動します。

Export Change / exportchange

onExportChange() メソッドは、指定したパラメータのエクスポート先が変更された場合に実行されます。例えば、/chopname/chan1 からエクスポートされていたパラメータが変更され、/chopname2/chan2 にエクスポートされるようになった場合、スクリプトが起動します。

Enable Change / enablechange

onEnableChange() メソッドは、指定されたパラメータが無効から有効になった場合に実行されます。

Mode Change / modechange

onModeChange() メソッドは、指定されたパラメータが無効から有効になった場合に実行されます。

Custom / custom

カスタムパラメータを監視します。

Built-In / builtin

ビルトインパラメータを監視します。

Edit.. / edit

これをクリックすると、DAT内のテキストを編集するためのテキストエディタが開きます。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

Parameter DAT

概要

Parameter DATは、任意のOPタイプからカスタム・パラメータを含むオペレータのパラメータ名と値の表を出力します。
事前に評価された式、Parameter Mode、パラメータを定義するすべての属性(type、label、ranges、menu items、limitsなど)を最大24列の情報として出力することができます。

パラメータ – Parameter ページ
Operators / ops

チャネルを取得する場所を設定します。オペレータ名またはパスを複数設定できます。例としては、以下のようなものがあります。wave1、slider*、constant[1-9] constant[10-19:2]、…/base1 または、メニューを使ってオペレータを選択します。

Parameters / parameters

オペレータから取得したいパラメータ名のリストを設定します。(ワイルドカードを含むことができます) 1つ以上のパラメータ、またはすべてのパラメータに対して*を指定します。また、”NOT “を指定して “NOT “を選択することもできます。または、メニューを使用してパラメータを選択します。Pattern Matching の章を参照してください。

Include Op Name / includeopname

テーブル内の各パラメータ名の先頭にOP名を追加します。

Rename from / renamefrom

Pattern Matching の章を参照してください。

Rename to / renameto

Pattern Expansion の章を参照してください。

Custom / custom

オペレータのカスタムパラメータを出力します。

Built-In / builtin

オペレータの組み込みパラメータを出力します。

パラメータ – Output ページ

パラメータとその値に関する情報を表示するかどうかを切り替えます。

Header / header

カラムヘッダを出力します。

Name / name

パラメータ名を出力します。

Value / value

評価されたパラメータの値を出力します。

Eval / eval

評価されたパラメータの値を python オブジェクトとして出力します。

Constant / constant

パラメータの現在の定数値を出力します。

Expression / expression

パラメータの現在のpython式を出力します。

Export / export

パラメータのエクスポートパスを出力します。

Mode / mode

パラメータの現在のモード(定数、式、またはエクスポート)を出力します。

Style / style

パラメータの形式を出力します(例:float パラメータの場合は Float、メニューパラメータの場合は Menu など)。

Tuplet Name / tupletname

パラメータが属するタプレットの名前を出力します。例えば、Geometry COMPのtxは’t’タプレットの一部です。

Size / size

タプレットのサイズを出力する。例えば、Geometry COMPのtxは3つのパラメータを持つ’t’タプレットの一部なので、タプレットのサイズは3になります。

Path / path

ノードへのパスを出力します。

Menu Index / menuindex

パラメータがメニューの場合は、メニューの選択されたインデックスを出力します。

パラメータ – Define ページ

パラメータを定義する情報をトグルします。

Min/Max / minmax

パラメータの最小値と最大値を出力します。これらの値は、valueパラメータが範囲内になるようにクランプします。clampminが0の場合、最小値はクランプされず、行/列のエントリは0になります。 clampmaxが0の場合、最大値はクランプされず、行/列のエントリは1になります。

Clamp Min/Max / clampminmax

パラメータがクランプされたminまたはクランプされたmaxを持つかどうかを出力します。trueの場合、値はmin/max列で定義されます。

Norm Min/Max / normminmax

インターフェースのパラメータの最小値と最大値を出力します。(スライダーの最小値と最大値など)

Default / default

パラメータのデフォルト値を出力します。

Enabled / enabled

パラメータが現在有効かどうかを出力します。

Read Only / readonly

パラメータが現在読み取り専用であるかどうかを出力します。

Section / section

パラメータの上にセクションディバイダ/セパレータ(線)があるかどうかを出力します。

Menu Names / menunames

任意のメニューパラメータのメニュー名のリストを出力します。

Menu Labels / menulabels

任意のメニューパラメータのメニューラベルのリストを出力します。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

NDI DAT

概要

NDI DATはテーブルにリストされ、ネットワーク上のすべてのNDIソースとストリームを監視します。コールバックは、ソースが追加/削除/変更されたとき、およびストリームが開始/停止したときにアクションをトリガするために提供されています。
NDI、NDI In TOP および NDI Out TOP の章を参照してください。

パラメータ – Monitors ページ
Callbacks DAT / callbacks

NDIソースおよびストリームに関連するイベントのスクリプトコールバックを設定します。

Extra Search IPs / extraips

デフォルトでは、NDIはmDNSを使用して検索します。これは通常、ネットワークの検索に限定されています。 mDNSで到達できないマシンで利用可能なソースを見つけるために、このパラメーターに1つ以上のIPアドレスのスペースで区切られたリストを入力できます。

Persistence (ms) / persistence

永続性は、ソースが消えた後でもDATのエントリが存在し続ける時間に影響します。 これにより、ソースが少しの間消えてから、リストから削除されることなく再表示されます。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

Lookup DAT

概要

Lookup DAT はルックアップテーブルを基に値を出力します。1番目の入力は、2番目の入力へのインデックスです。
Lookup DATを使用すると、行/列のインデックスまたは行/列の名前を介してデータを参照することにより、2番目の入力から行を選択できます。 Lookup DATの利点は、データが選択される順序がルックアップテーブルの順序から独立していることです。インデックステーブルが順序を決定するため、データの並べ替えと行/列の複数回の選択が可能になります。

パラメータ – Lookup ページ
Index / index

インデックス値の解釈方法を選択します。列に含まれる、または行に含まれる値/インデックスとして。

  • Row Indices / rowindices
    Lookup DATで選択された行は、インデックス入力で数値インデックスとして表されます。
  • Col Indices / colindices
    Lookup DATで選択された列は、インデックス入力で数値インデックスとして表されます。
  • Row Values / rowvalues
    Lookup DATで選択された行は、インデックス入力の値として表されます。 デフォルトでは、最初の列がインデックスの照合に使用されますが、これは Value Location で Name または Index パラメータを設定することで変更できます。
  • Col Values / colvalues
    Lookup DATで選択された列は、インデックス入力の値として表されます。 デフォルトでは、最初の行がインデックスの照合に使用されますが、これは Value Location で Name または Index パラメータを設定することで変更できます。
Value Location / valueloction

Index パラメータで Row Values または Col Values が選択されている場合、このパラメータを使用すると、インデックス値が検索されるルックアップ行または列を指定する方法を選択できます。

  • Name / name
    ルックアップの行または列は名前で指定されます。
  • Index / index
    ルックアップの行または列はインデックスで指定されます。
Value Name / valuename

ルックアップの行または列の名前を設定します。

Value Index / valueindex

ルックアップの行または列のインデックスを設定します。

Include Header / includeheader

最初の行または列を含めます。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

JSON DAT

概要

JSON DATは、JSONPath構文を使用してJSONテキストを変換およびフィルタリングし、フィルタリングされた結果を出力します。 これにより、JSONを解析および操作するためのスクリプトをコーディングする必要がなくなり、データフローの手続き型が維持されます。
JSONテキストを入力として想定し、入力を DAT.source メンバーのPythonオブジェクトに変換します。
次に、JSONPath Filterパラメーターを使用してJSONをフィルター処理し、結果のデータをDATからJSONテキストとして出力します。
また、フィルタリングされた結果を DAT.results(Pythonの結果リスト)および DAT.result(最初の結果)として配置します。
DAT.source , DAT.result, DAT.results に対して式をテストするには、OutputメニューをExpressionに設定し、`me.result[‘city’]` のような式を使用します。この式はDATから評価された式を出力するもので、その式を `op(‘json1’).result[‘city’]` として他の場所で使うことができます。DAT.expr は JSON DAT のメンバでもあり、例えば op(‘json1’).expr のようになります。
JSONPathの章やOP Snippetsを参照してください。

パラメータ – JSON ページ
Filter / filter

入力JSONをフィルタリングするために使用する、JSONPath構文に従ったフィルタ文字列を設定します。

Output / output

JSON DATの出力を設定します。

  • Filter Result / filterresult
    JSONテキスト入力にフィルターを適用して返される出力リスト。
  • Expression / expression
    カスタム式を出力します。
Expression / expression

出力するカスタム式 を設定します。

Format Output / formatoutput

この機能を有効にすると、DATの出力はインデントと改行でフォーマットされます。

Hold Last Non-Empty Results / holdlast

有効にすると、結果が空になった場合に最新の結果が保持され、事実上、空でない新しい結果のみが出力を更新します。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

CPlusPlus DAT

概要

CPlusPlus DATはC++を使って独自のプラグインを書くことで、カスタムDATオペレータを作ることができます。
CPlusPlus DATを使用すると、作成時に指定したタイプに応じて、表またはテキストDATを出力することができます。このDATで使用するための.dllの作成方法の詳細については、Write a CPlusPlus Pluginの章とC++カテゴリの他の章を参照してください。DATノードのタイプ(表またはテキスト)に関係なく、セルを検索するための名前と割り当てられたテキストはすべてUTF-8でエンコードされている必要があることに注意してください。
WindowsのVisual StudioプロジェクトとしてのCPlusPlus DATの例は、C:/Program Files/Derivative/TouchDesigner/Samples/CPlusPlus/DAT、またはカスタムTouchDesignerのインストールフォルダにあります。(注: macOSの場合はTouchDesigner.app/Contents/Resources/tfs/Samples/CPlusPlus/DAT にあります。)

カスタムパラメータ
カスタムパラメータは、C ++ DAT.dllによって自動的に作成できます。 このカスタムパラメータページは、CPlusPlusDATExample.cppのsetupParameters()関数内から削除、編集、または追加できます。 定義されたカスタムパラメータは、特定のタスクに対して有効かどうかに応じて有効または無効にできます。)

パラメータ – Load ページ
Plugin Path / plugin

ロードするプラグインのパスを設定します。

Re-Init Class / reinit

このパラメータがOn 1の場合、プラグインが作成したクラスのインスタンスを削除し、新しいクラスを作成します。

Re-Init Class / reinitpulse

クラスを即座に再初期化します。

Unload Plugin / unloadplugin

このパラメータが 1 以上になると、プラグインによって作成されたクラスのインスタンスを削除し、プラグインをアンロードします。複数の DAT が同じプラグインをロードしている場合は、ファイルをリリースするためにすべてのプラグインをアンロードする必要があります。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

ZED TOP

概要

ZED TOPでは、ZEDデプスカメラの映像を撮影します。

注意:
このTOPは、StereolabsZEDハードウェアで動作します。 詳細およびZEDSDKのインストールについては、ZEDの章を参照してください。
点群をサポートします-カラーピクセルのカメラ空間位置を取得し、RGBのXYZを使用して32ビットのフロートRGBテクスチャとして出力します。 点群レンダリングの作成に使用します。
ZEDCHOPおよびZEDSOPも参照してください。

パラメータ – ZED ページ
Active / active

Onに設定すると、TOPはカメラからのイメージストリームをキャプチャします。

Camera / camera

使用するZEDカメラを設定します。

Perspective / perspective

左カメラか右カメラのどちらかを設定します。

  • Left / left
  • Right / right
Image / image

Color、Depth、Confidence、Disparity、Normals、Point Cloud、Spatial Textureのいずれかのモードを設定します。

  • Color / color
    カメラのRGB画像を使用します。
  • Depth / depth
    ピクセルの値がカメラからの距離をメートル単位で表したテクスチャ。
  • Confidence / confidence
    Depthマップの信頼性・確実性を0-1の範囲で表します。
  • Disparity / disparity
    カメラの視差マップを使用します。
  • Normals / normals
    テクスチャの各RGBピクセルは、XYZピクセルの法線をメートル単位で表します。
  • Point Cloud / pointcloud
    テクスチャは、RGBピクセル値がカラーカメラからの相対的なXYZピクセル値をメートル単位で表した32ビット浮動小数点テクスチャになります。
  • Spatial Texture / spatialtexture
    ZED SOPで空間マッピング時に抽出されたテクスチャを使用します。
Camera Resolution / camerares

カメラキャプチャの解像度を設定します。

  • 2208 x 1242 / 2208×1242
  • 1920 x 1080 / 1920×1080
  • 1280 x 720 / 1280×720
  • 672 x 376 / 672×376
Camera FPS / camerafps

カメラキャプチャのフレームレートを設定します。

Sensing Mode / sensingmode

Standardモード或いはFillモードを設定します。

  • Standard / standard
    エッジと奥行き精度を保持するデプスマップを使用します。
  • Fill / fill
    滑らかで完全に密集した深度マップを使用します。
Depth Mode / depthmode

カメラの深度計算モードを設定します。

  • Performance / performance
    計算のために最小限のリソースを使用します。
  • Medium / medium
    より多くのリソースを必要とするバランスのとれた品質モード。
  • Quality / quality
    高品質のデプスマップを使用します。
  • Ultra / ultra
    最高品質の深度マップを使用します。
Minimuum Depth / mindepth

計算される最小深度をメートル単位で設定します。

Maximum Depth / maxdepth

最大深度をメートル単位で設定します。

Reference Frame / referenceframe

点群ピクセルの参照フレームをWorldとCameraから設定します。

  • World / world
    ピクセル値をカメラの初期位置を基準にします。
  • Camera / camera
    ピクセル値をカメラの現在位置からの相対的な値にします。
Depth Stabilization / depthstabilization

カメラの深度手ぶれ補正を有効にします。

Rerange / rerange

有効にすると、ピクセル値が 0-1 にリマップされます。

Too Close Value / tooclosevalue

近すぎる深度ピクセルについて、このピクセル値が代わりに出力されます。

Too Far Value / toofarvalue

遠すぎる深度ピクセルについて、このピクセル値が代わりに出力されます。

Unknown Value / unknownvalue

深さが特定できない深度ピクセルについて、この値を出力します。

Mirror Image / mirrorimage

画像をY軸方向に反転します。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

Vioso TOP

概要

注意:TouchDesigner Proでのみ使用できます。

Vioso TOPでは、VIOSO Calibratorソフトウェアを実行して取得したキャリブレーションデータをロードすることができます。VIOSOキャリブレータは、VIOSO AnyblendおよびVIOSO Anyblend VR&SIMソフトウェアパッケージの一部であり、個別に実行することもできます。
VIOSOキャリブレータとTouchDesignersの統合についての完全なガイドは、Viosoの章を参照してください。

パラメータ – Setup ページ
Configuration File / configfile

Vioso Calibrator からエクスポートした .vwf ファイルのパスを設定します。

Projector Index / projectorindex

出力プロジェクターのインデックスを指定します。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ

Stype TOP

概要
注意:

TouchDesigner Proでのみ使用可能です。
Stype TOPは、Stype (RedSpy) カメラトラッカーと連携し、接続されたCHOPのチャンネルを使用してレンズの歪みをシミュレートすることができます。

注意:

Stype CHOPはStypeハードウェアで動作します。StypeおよびStype CHOPも参照してください。

パラメータ – Stype ページ
CHOP Node / chop

レンズ・ディストーションパラメータを出力するCHOPへのリファレンスを設定します。これは、Stype CHOP または、チャンネル k1、k2、centerx、centery、pawidth および paheight が定義されている別のオペレータである可能性があります。これらのチャンネルの詳細については、Stype CHOP を参照してください。

Padding / padding

CHOP Node パラメータが Stype CHOP を参照していない場合にのみ有効になります。このパラメータは、ソース画像にパディングがあるかどうかを示し、それに応じて出力をトリミングします。パディングの詳細については、Stype CHOP を参照してください。

パラメータ – Common ページ

参照:共通 Common ページ