Facet SOP

概要

Facet SOPは面のなめらかさをコントロールします。これはまた、ポイントまたはサーフェースのノーマルを統合整理します。Facet SOPは(Divide SOPのように)シーンで変化するジオメトリに対してパイプラインとして動作します。この理由からCompute Normalsが二段階用意されています。例えば、ユニークの頂点(各ポリゴンのポイント)を作成する前にノーマルを計算することができます。これによって、ポイントが共有されつつノーマルが計算されるので、なめらかなシェーディングでありながら、ユニーク・ポイントという結果を得ることが出来ます。

パラメータ

Group group –

このフィールドにグループ名を指定すると、このSOPは指定されたグループに対してのみ動作します。 Pattern Matchingの章で説明されているように、パターンを受け入れます。

Make Normals Unit Length unit –

このオプションをチェックすると、法線の長さが1単位の長さに正規化されます。

Compute Normals prenml –

このオプションをチェックすると、サーフェス法線が計算されます。 ポイントがポリゴン間で共有され、滑らかなシェーディング結果とポイントが共有されない(ユニークな)場合、ファセットエッジが生成されます。 この段階で法線を計算すると、入力ジオメトリに基づいて法線が計算されます。

Unique Points unique –

各頂点に一意のポイントを持たせます。 このオプションを選択した結果、すべての頂点が一意のポイントになり、滑らかなシェーディングがなくなり、すべてのエッジがハードエッジなります。

Consolidate cons –

Consolidateは、多数の点が互いに近似している重複を排除し、それらを1つにまとめてより少ない共通点の集合に形成します。Consolidateは、マージされた隣接ポリゴンの間に現れるエッジをクリーンアップするのに便利です。

● No Consolidate none –
● Consolidate Points Slow points –
● Consolidate Points Fast fpoints –
● Consolidate Normals Slow normals –
● Consolidate Normals Fast fnormals –

Distance dist –

この距離より離れた点と法線は、Consolidateメニューの設定に基づいて連結されるか、法線を平均します。 通常、ここでは0.01などの非常に小さな数値を使用します。 値が0.0の場合、consolidation/averaging が機能するには、ポイントは正確に同じ位置にある必要があります。

Remove Inline Points inline –

インラインで隣接するポイントを削除します。

Distance inlinedist –

削除の対象となる距離

Orient Polygons orientpolys –

すべてのポリゴンの向きが同じになるようにポリゴンの向きを設定します。

Cusp Polygons cusp –

多くの場合、いくつかのポリゴンをスムーズにシェーディングさせ、他のポリゴンには面取りしたい場合があります。 通常、低角度で繋がるポリゴンは滑らかな陰影を付け、鋭角で繋がるポリゴンのエッジには面取りを施す必要があります。

Cusp Angle angle –

エッジがファセット化されるしきい値角度を指定します。 典型的な値は20です。

Remove Degenerate remove –

ジオメトリが何も使われていない点や理にかなっていないプリミティブを持った状態になる場合があります。 このオプションは、これらのケースをチェックして削除します。

Compute Normals postnml –

ConsolidateまたはCuspの処理後に法線を計算できます。 CuspまたはConsolidateオプションを設定している場合は、これを選択する必要があります。